太川陽介62歳のルイルイ告白 「そりゃモテましたよ、ハッハッハツ」

 コロナ禍のなか昭和歌謡が中高年の癒やしになっている。J:テレ(J:COMコミュニティチャンネル)で好評放送中の「太川陽介のスナック歌謡界~昭和スターが集う店~」では、マスターにふんした俳優の太川陽介(62)と、ゲストがお酒を片手に思い出話に花を咲かせる。昭和歌謡の黄金期を支えた太川だからこそ聞けるスターの秘話が人気だ。いつもは聞き役の太川に、今回はデビュー秘話から視聴率男と呼ばれる自身の仕事哲学まで語ってもらった。

 ――今日は太川さんのお話を聞かせてください

 太川 すごい苦手ですよね(笑い)。

 ――デビューのきっかけは

 太川 大ファンだった桜田淳子さんの相手役募集を見て高校生の時に応募したんだけど、締め切りに間に合わなくて。そしたら後に淳子ちゃんがいたサンミュージックからオーディションの通知がきて、それで受けようと。

 ――どうでした?
 太川 終わって帰ろうとしたら社長室に連れて行かれて相澤(秀禎)社長(のちの会長、2013年他界)以下重役がみんなで説得ですよ。恥ずかしいんだけど「君は10年に1人の逸材」だとか言われちゃって。

 ――1977年に「Lui―Lui(ルイ―ルイ)」がヒット

 太川 デビューの1週間前に赤羽のダイエーでサイン会やったけど、レコードが8枚しか売れなかった。すごい落ち込んでたらマネジャーが「大丈夫だよ、8は末広がりだから」って励まされた(笑い)。その半年後に「Lui―Lui」がヒットして同じ場所でサイン会あったの。始まる30分前に警察からストップがかかって人が集まり過ぎて危険だからって。スタッフは残念がったけど、ぼくは「やりぃー」って1人喜んでたの。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

太川陽介のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「太川陽介」に関する記事

「太川陽介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「太川陽介」の記事

次に読みたい「太川陽介」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク