屈辱の53打席無安打…阪神・佐藤輝が起用に応えるため使うべき「もう一つの武器」

 阪神・佐藤輝明内野手(22)が28日の広島戦(甲子園)で3打数ノーヒット。これで連続打席無安打は「53」となり、2リーグ制以降の野手ワースト記録に肩を並べてしまった。苦悩の日々が続くなか、どうすればいいのか。ネット裏の評論家からは、V争いをしているチームだからこそ、取り組むべき努力を怪物新人に求める声が上がった。


 またしても長いトンネルを抜け出すことはできなかった。この日「7番・右翼」で先発した佐藤輝は、広島先発・床田の前に見逃し三振、二ゴロ、7回は2番手・島内の155キロ直球に空振り三振。これで53打席連続無安打に終わり、1993年にトーベ(オリックス)が記録した、NPB野手ワースト記録に並んでしまった。

 チームも0―2で敗戦。試合後の矢野監督は、一軍に再昇格した23日から5試合続けて先発も18打席連続無安打と苦戦が続く佐藤輝の、今後の起用法について「そんなん今、ここでは分かれへん」とコメントするにとどめた。

 経験値の浅いルーキーだけに、一朝一夕には状況が一変しづらいのも致し方ない側面はあるが…。確かにこのままの状態が続くようであれば、起用法としても難しくなる。

 球団OBで阪神、日本ハムで打撃コーチを務めた柏原純一氏も「積極的に振っていくのが彼の良さ。それを消さないように、一軍で確率を上げていくってのは簡単ではない」と〝我慢〟の起用を続ける矢野監督の胸中をおもんぱかる。

 しかも、チームは優勝争いの真っただ中。「下位チームで将来のための起用がまかり通る環境ならまだしも、今の阪神はその逆だから」と、状況に応じて最も結果が残せる人材を選別することも並行して求められるだけに、矢野監督も「育てながら勝つ」難題に直面しているのが現実だ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「阪神タイガース」に関する記事

「阪神タイガース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「阪神タイガース」の記事

次に読みたい「阪神タイガース」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク