エンゼルス・大谷翔平の今季登板なし マドン監督が明言

 エンゼルスのジョー・マドン監督は29日(日本時間30日)に敵地アーリントンでのレンジャーズ戦前に大谷が「今季の残り試合で登板しない」と明言した。1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利&2桁本塁打」の偉業達成は来季以降に持ち越しとなった。打者としての出場は続け、日本人選手初の本塁打王を狙う。

 前回26日(同27日)のマリナーズ戦は7回1失点と好投するも打線の援護がなく10勝目はならず、ルースの記録にあと1勝としてから3度足踏みしていた。指揮官は28日(同29日)に「投手コーチと話さないといけない。今は正確な報告はない」と次回登板は未定としていた。

 今季は23試合に登板して9勝2敗、防御率3・18だった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク