広島・大瀬良 7回2失点の好投も猛省「悪くはなかったのですが…」

広島・大瀬良 7回2失点の好投も猛省「悪くはなかったのですが…」
拡大する(全1枚)
広島・大瀬良

 広島・大瀬良大地投手(30)が1日のヤクルト戦(マツダ)に先発し、7回を投げて6安打されながらも2失点の粘投を見せた。勝ち投手の権利を持って降板も、後続の投手陣が逆転を許し、8勝目を手にすることはできなかった。

 大瀬良は「悪くはなかったですが(6回に)2点を取られてしまったので、そこは反省です」。今季の登板機会は残り数試合となる。右腕は「僕の勝ち負けというよりかは(自分が)投げている時にチームが勝てないことが多いかなと。そこに対するふがいなさもある」と唇をかんだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

大瀬良大地のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大瀬良大地」に関する記事

「大瀬良大地」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大瀬良大地」の記事

次に読みたい「大瀬良大地」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク