エンゼルス・大谷翔平「想定外の進化」に二刀流発案者も仰天

 今季、全米を席巻したエンゼルス大谷翔平投手(27)の活躍には「二刀流の発案者」も仰天している。

 打者としてア・リーグ3位となる46本塁打、8三塁打(同1位)、26二塁打(同43位)、26盗塁(同5位)、96四球(同3位)、100打点(同13位)、103得点(同8位)の堂々たる成績。投手としても23試合(130回1/3)に登板し9勝2敗、防御率3・18と、6年連続プレーオフ進出を逃したチームの中で孤軍奮闘してきた。

 日本人プレーヤーとしては2001年のマリナーズイチロー以来、2人目となるMVPが確実視されているのだが、これには12年のドラフトでNPB球団への入団を拒否していた大谷を強行指名し「二刀流」の提示で逆転入団を成功させた当時の日本ハムGM、山田正雄スカウト顧問(77)も目を丸くしている。

 同顧問は「2度の手術(18年10月にトミー・ジョン手術、19年9月に左ヒザ蓋骨手術)をして体が強くなったみたい。特にウチにいたころから抱えていた左ヒザの手術をして、1年間のリハビリをして不安箇所が消えたことが大きいんじゃないかな」とした上でこう今季の活躍への驚きを語っている。

「予想もつかないようなことをしてくれたね。メジャーでホームラン王争いをするなんて、考えつかない。ピッチャーだって故障なく投げて9勝(2敗)。本当に驚いていますよ。人間として考えられない。僕ら(スカウト)の目がいかに当てにならないかということ。こちらの予想のはるかに上を行っている」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク