【熊本競輪in久留米・GⅢ火の国杯争奪戦】中本匠栄 自虐爆裂の中川誠一郎に困惑…

 開設71周年記念熊本競輪「火の国杯争奪戦」GⅢin久留米が7日、開幕する。熊本競輪場が2016年の震災後、まだ使えないため久留米競輪場で行われる。注目の熊本戦士・中本匠栄(34=熊本)は前検日から冷や汗ものだった…。

 初日メインの12R特選では北津留翼(36=福岡)―中川誠一郎(42=熊本)の後位を固める。中本は今節の九州勢で最高の競走得点112点を持っているが〝予想〟通りのポジションに収まった。

 検車場で中本の到着を待ってコメントを出すのを控えていた中川のもとに駆け寄り「(北津留の番手に)行ってください」。中川の「行かんでいいの? アナタの方が(点数を)持っているのに…。ワタシは(野原雅也の欠場で特選に)繰り上がりで乗っただけなのに」という自虐爆裂の問いかけにも「前は回れないです。点数ごときではない。格が違いますよ。止めてください!」と丁重にお断りし、和やかなムードで〝作戦会議〟は終了した。

 ビッグ初制覇から1年。大会連覇がかかっていた前回岐阜GⅡ「共同通信社杯」は⑤⑧①⑥の成績に終わったが「判断ミスが続いたが1着は取れているし、脚の状態は少しずつ上がってきているかな」と着以上の手応えをつかみ、今大会に向けては練習、休養とともに計画的にやってきた。

 昨年の「70周年」では準優勝。「今年もしっかり走って前回よりいい成績を収められれば最高ですね」と意気込んだが、一個上といえば「優勝」しかない…。「こっそりとですね」と匠栄スマイルで締めくくった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「競輪」に関する記事

「競輪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「競輪」の記事

次に読みたい「競輪」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク