吉田麻也が異例言及「チーム解体」の現実味 柴崎の〝自爆パス〟でサウジに屈辱敗戦

吉田麻也が異例言及「チーム解体」の現実味 柴崎の〝自爆パス〟でサウジに屈辱敗戦
拡大する(全1枚)
大一番で柴崎が大失態(ロイター)

【サウジアラビア・ジッダ7日(日本時間8日)発】森保ジャパンが“衝撃の自殺パス”で崖っ縁に追い込まれた。日本代表はカタールW杯アジア最終予選サウジアラビア戦に0―1と敗れ、7大会連続のW杯出場に黄信号がともった。森保一監督(53)が司令塔として重用してきたMF柴崎岳(29=レガネス)がバックパスをミスして相手に決勝点を献上する大失態。批判が高まる指揮官の“解任Xデー”がいよいよ迫ってきた。

 森保監督が起用にこだわってきた柴崎が“超A級戦犯”となった。0―0で迎えた後半26分、日本にとって絶望の瞬間が訪れる。ハーフウエーライン付近でボールを受けた柴崎が相手からのプレッシャーを受けて苦し紛れにバックパス。DF吉田麻也(サンプドリア)を狙ったつもりが大きくずれて相手にとって絶妙な“スルーパス”。そのままFWブリカンに突破され、ゴールを許してしまった。重要な局面でまさかの“自爆パス”が飛び出し、痛恨の先制点を奪われた。

 この日の柴崎は後半5分にも簡単にボールを奪われて大ピンチを招くなど凡ミスを連発。再三チームを危険にさらし、日の丸戦士としては間違いなく失格だ。

 それでも森保監督は「特に最後パスを出した柴崎に関しては、本当にそれまで広範囲に攻守に貢献してくれていたので、そのミスだけを責められるべきではない。非常によくやってくれた。ピッチに立たせたのは監督である私なので」と全面擁護。交代についても「もっと早ければという部分について、タイミングは間違っていなかったと思っている」と、適切だったと“強弁”した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

吉田麻也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「吉田麻也」に関する記事

「吉田麻也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉田麻也」の記事

次に読みたい「吉田麻也」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク