高梨沙羅3回目五輪へ独占激白「北京でお見せします!自分のジャンプ」

【Road to Beijing】来年2月4日開幕の北京冬季五輪に向けて、いよいよ本格的なシーズンが到来する。本紙では新連載「Road to Beijing」がスタート。選手の声や競技の素朴な疑問、大会に関するさまざまな情報を不定期でお届けする。第1回はスキージャンプ女子で平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(25=クラレ)が登場! W杯通算60勝、109回の表彰台と男女を通じて歴代最多記録を持つジャンパーは、自身3度目となる大舞台にどう挑むのか。今の胸中を直撃した。

 ――五輪に向けたシーズンが本格的に始まる。現状について教えてほしい

 高梨 夏シーズンはサマーグランプリに出場したり、トレーニングを積んだりしました。自分のやりたいことは順調にできていて、目指すジャンプというものに近づきつつあります。

 ――7月上旬から拠点をスロベニアに移している

 高梨 毎年こちらのほうでキャンプすることが多くて、特に今年はこういう(新型コロナウイルスの)状況もあって、なかなか日本との往復が難しい環境なので、こちらのほうにベースを置いているような感じですね。

 ――ストレスなく過ごせているのか

 高梨(生活拠点が)山奥で田舎ではあるので、普段からなかなか人と触れ合うことがない。一応、スーパーに行くときやジムでウエートトレーニングをするときなどは、細心の注意を払いながら過ごしてはいるんですけど、それ以外はあまり人に会うことがないので安心してトレーニングできています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

高梨沙羅のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高梨沙羅」に関する記事

「高梨沙羅」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高梨沙羅」の記事

次に読みたい「高梨沙羅」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク