山本一太知事に県民冷ややか「目立ちたがり屋」 魅力度ランク群馬44位に激怒、法的措置

山本一太知事に県民冷ややか「目立ちたがり屋」  魅力度ランク群馬44位に激怒、法的措置
拡大する(全1枚)
山本一太群馬県知事(東スポWeb)

 9日に発表された都道府県別魅力度ランキングで44位だった群馬県の山本一太知事が、同ランキングを「分析がずさんで不正確と言わざるを得ない」もので、「説明責任を果たしていない」と改めて批判し、法的措置をとる可能性を示唆した。12日の会見で語った。

 昨年の40位からランクダウンの群馬県。同じ北関東では栃木が41位、茨城は最下位(47位)と下位に並んだ。山本氏は「なぜ群馬県の順位が下がったのか、理由は判然としない。こうした根拠の不明確なランキングによって、本県に魅力はないと誤った認識が広がることは、県民の誇りを低下させるのみならず、経済的な損失にもつながる由々しき問題だと思っている」。続けて「もう一度内容を精査し、弁護士と相談の上、法的措置を検討してまいりたい」と踏み込んだ姿勢を示した。群馬県では独自に行った検証結果を7月に公表し、「『魅力度』を適切に示すランキングとは言えない」などと批判していた。

 同ランキングは民間シンクタンク「ブランド総合研究所」が毎年実施している「地域ブランド調査」に基づくもの。全国の消費者に認知度や魅力度、イメージなど計89項目にわたるアンケート調査を行い、今年は約3万5000人から有効回答を得た。同研究所の田中章雄代表は、講演依頼のウェブサイトで「ブランド戦略の第一人者」と紹介されている。ランキングでは都道府県ごとにポイント化されており、今年は13年連続の1位となった北海道が73・4点、2位京都(56・4)、3位沖縄(54・4)…群馬(15・3)、茨城(11・6)となっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク