悪夢のジャッジが秋の甲子園でまた… 広島ファンは6年前〝幻の本塁打〟を覚えているか

 鯉党の悪夢を呼び覚ますジャッジとなった。広島は18日、阪神戦(甲子園)で1―2と惜敗。3位・巨人とのゲーム差は3に拡大し、大逆転CS進出の可能性が遠のいた。

 問題のプレーが生まれたのは2点を追う8回。まずは無死二塁から長野の中前適時打で1点を返し、なおも無死一塁から代打・会沢が浅いライナー性の打球を左前方向へ放った。ところが、これを左翼手・板山がグラブを伸ばし、地面スレスレでキャッチ(?)。一塁から代走の大盛が飛び出していたため、ダブルプレーで一気に二死となり、続く宇草が倒れて反撃はついえた。

 佐々岡監督はすかさずリクエストを要求したものの、ビデオ検証でも判定は覆らず併殺打のまま。角度によってはグラブですくい上げる瞬間、ボールは地面に一瞬落ちたようにも見えたが…。安打であれば、確実に無死一、二塁の絶好機となっていたところ。カープにとっては痛すぎるジャッジとなった。

 試合後、佐々岡監督は納得いかない表情だった。リクエストの場面について「あそこの(大盛の)判断は難しい判断だったと思うし、主審に言ったのは〝ジャッジが遅いんじゃないの?〟と。ジャッジが遅いから一塁にも帰れないし、ボールが地面についているように見えた」。腹の虫はなお収まらず、「大事な場面だった。ジャッジの遅さで帰れなかったというのは伝えました」と憮然として言葉を吐き出した。

 広島は秋の甲子園に苦い思い出を抱えている。CS進出を阪神と激しく争っていた2015年9月12日。2―2の延長12回に田中広輔が甲子園の左中間スタンドに飛び込む〝幻の勝ち越し本塁打〟を放った。しかしビデオ検証の末、フェンスに直撃したとして本塁打は認められず、この一戦は引き分けとなった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「甲子園」に関する記事

「甲子園」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「甲子園」の記事

次に読みたい「甲子園」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク