環境省公式ツイッターが「#日本沈没」 環境ドラマは「トレンディー」か

 話題の10月期新ドラマ「日本沈没―希望のひと―」(日曜午後9時、TBS系)について、環境省が同省公式ツイッターアカウントで「ご覧になりましたか」と19日までにつぶやいた。

 ツイートは続けて「#小栗旬さん演じる天海啓示が環境省職員であることから、今日は#環境省についてご紹介します」として、同省のロゴマークの画像を添えてPR。主演の小栗と省庁名にハッシュタグをつけ、文末には「#日本沈没」を加えた。

 小栗演じる天海は環境省の「環境生活局環境問題対策課」の官僚という設定。その盟友・常盤紘一(松山ケンイチ)は、環境省とは対立しがちな経産省ながら「エネルギー環境局環境開発課」に配属されている。経産省らしく「開発」の文言が入っているが、環境政策という点で2人は相通じる立場でもある。

 環境省、経産省の機構図を見ると、ドラマ設定のような局や課はない。ただ経産省には「産業技術環境局」内に「環境政策課」がある。2人の役柄は架空だが、10日の初回と17日の第2話のいずれも世帯平均視聴率が15%台(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と突出した数字が出ている人気ドラマに環境問題が盛り込まれているとあって、同省もツイッターで反応したとみられる。

 このところ「環境」がテーマにかかわるドラマが少なくない。29日に事実上終了するNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」では当初、清原果耶演じるヒロインが宮城県登米市の森林組合で働いていた。すると農水省の外局・林野庁はウェブサイトに「『おかえりモネ』解説ページ」を設けて森林や林業について解説文を載せた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

小栗旬のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小栗旬」に関する記事

「小栗旬」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小栗旬」の記事

次に読みたい「小栗旬」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク