中日・与田監督 引退・松坂大輔に惜別メッセージ「やれる間は自分から投げ出さなかった」

 中日・与田剛監督(55)が引退する西武松坂大輔投手(41)へ惜別メッセージを送った。

 2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表投手コーチ、19年は中日監督として選手・松坂と同僚として接してきた指揮官。その中で「たくさん自分自身が勉強することもあった。何よりもすごい投手と身近に接することができた。野球に取り組む姿勢、そういったものが素晴らしかった。だからああいう選手になれたのではと思うことがたくさんある」と、しみじみと振り返った。

 その上で、歴代の日本人メジャーリーガーを挙げながら「イチロー松井秀喜、ダルビッシュ…。自分が生きている間に、先輩も含めて素晴らしい選手と接することができた。その中の一人が松坂大輔だった」と〝平成の怪物〟を持ち上げた。

 引退会見で松坂は「自分の諦めの悪さを褒めたい。もっと早くやめてもいいタイミングはあった」などと語ったが、この発言について「それは諦めないということがいかに素晴らしいかということ。いつかは必ずやりたくてもできなくなる日が来る。やれる間は自分から投げ出さなかったということだと思う。われわれ野球人にも良いものを見せてくれた。大輔の姿で野球が好きになった人たちもいるだろうし。いろいろな方に影響を与えた名プレーヤー。本当にお疲れ様でした。一緒に過ごす時間を持てたことはありがたかった」と最敬礼した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

松坂大輔のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松坂大輔」に関する記事

「松坂大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松坂大輔」の記事

次に読みたい「松坂大輔」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク