【女子バスケ】一発芸&コントで注目浴びる馬瓜エブリン「芸人さんにはなれないですよ」

 ムードメーカーの素顔とは――。今夏の東京五輪で史上初の銀メダルを手にした女子バスケットボール日本代表。攻撃の軸として活躍した馬瓜エブリン(26=トヨタ自動車)は、芸人顔負けのコミュニケーション能力で一躍お茶の間の人気者になった。テレビなどのメディアに積極的に出演する理由のほか、コート外での息抜き、「唯一無二」と表現する自身のキャラクターに至るまで、包み隠さず語った。

「五輪の選手になりたい」。幼少期の文集に記した夢が現実になった。東京五輪で憧れの舞台に立った馬瓜は、得意とするドライブとトム・ホーバス監督(現男子日本代表監督)の指導で磨き上げた3点シュートなどを駆使して、次々と得点をマーク。決勝で惜しくも米国に敗れたものの、歴史に新たな1ページを刻んだ。

 馬瓜=五輪のために14歳で日本に帰化しましたし、両親にも協力をしてもらって、恩返しをしたいっていう思いが常々あったので、本当に良かったです。(監督の練習は)想像を絶するしんどさでしたけど、コート外ではおちゃめでみんなもすごく親しみやすかったと思います。五輪が終わった後にロッカールームで自分に「厳しいこともいっぱい言ったけど、付いてきてくれてありがとう」と言ってくれて、最後の最後にやっぱり愛情を感じました。

 五輪後は、16日に開幕したWリーグに向けた練習に励む傍ら、メディアにも積極的に出演。テレビでは持ち味の明るい性格とお笑い好きを生かした一発芸やコントで注目を集めた。視聴者から「芸人になれるのでは?」との声も飛び交うほどだが、当の本人は毎回緊張しながら出演に臨んでいるという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「バスケットボール」に関する記事

「バスケットボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「バスケットボール」の記事

次に読みたい「バスケットボール」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク