ダルビッシュも絶賛!阪神・坂本が梅野から〝正妻〟強奪 虎OBからも「CSで使うべき」

ダルビッシュも絶賛!阪神・坂本が梅野から〝正妻〟強奪 虎OBからも「CSで使うべき」
拡大する(全1枚)
絶好調の坂本(東スポWeb)

 阪神は21日の中日戦(甲子園)に6―1で快勝。首位・ヤクルトに0・5ゲーム差と肉薄し、奇跡の逆転優勝へ望みをつないだ。8戦連続のスタメンマスクとなった坂本誠志郎捕手(27)の好リードもあり、先発・高橋が8回無失点の好投で4勝目。正捕手・梅野が攻守に精彩を欠く中、出場機会をつかみとった坂本の存在感は今やチーム内外でも急上昇。レギュラーシーズン終了後の「CS、日本シリーズも梅野ではなく坂本に扇の要を任せるべき」との声も出てきた――。

 高橋をリードし、中日打線をほぼ完全に封じ込んだ坂本は「中日には若い選手も多く、早打ちのイメージがあった。早いカウントから空振りをとりにいくか、打たせてとるか、その点は意識して(試合前から)遥人と話していた」と試合後、手応えを口にした。

 7回1安打無失点だった前戦の巨人戦(14日、東京ドーム)に続きバッテリーを組んだ高橋本人も「坂本さんが引っ張ってくれて様々なボールを使いながら抑えることができました」と女房役へ感謝の言葉を並べる。9回のマウンドに上がる直前に身体の異変を訴え緊急降板した点は心配だが、今秋の一軍復帰以降、6試合に登板し防御率1・98と〝無双モード〟を続ける左腕の存在は頼もしいの一言に尽きる。

 3年連続でゴールデン・グラブ賞に輝き、東京五輪日本代表にも選出された梅野がチーム不動の正妻であることは誰もが認める事実。だが、その梅野の〝2号〟に長く甘んじてきた背番号12も自身の真価を徐々に証明しつつある。ダルビッシュ(米パドレス)もツイッターで名指しして称賛したフレーミング技術の高さに加え、投手の持ち味を存分に引き出すリードも絶好調。坂本がスタメン出場した直近8試合のチーム総失点は僅かに9。この日は3打数1安打と打撃面でも一定の結果を残した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク