【箱根駅伝】明大、中大らが予選突破 駿河台大は初出場 徳本監督「やり続けてよかった」

 来年1月2、3日に予定されている第98回東京箱根間往復大学駅伝競走の予選会が23日、陸上自衛隊立川駐屯地内(東京・立川市)で行われ、上位10校に与えられる本大会の出場権をかけ、41校が参加した。

 各校10~12人が出場し、上位10人の合計記タイムで争われる予選会。前回大会でシード落ちの屈辱を味わった明大は、鈴木聖人、手嶋杏丞(ともに4年)の2枚看板など、主力陣が快走を見せ、4年連続63回目の本大会出場を決めた。2位は吉居大和(2年)を擁する中大で、5年連続95回目の本大会出場。3位の日体大は74年連続74回目の本大会出場となった。

 また、駿河台大が8位に入り、初の本大会切符を勝ち取った。大学時代に法大のエースとして活躍した徳本一善監督は「長かったようで短かった。本当にこの子たちのこの顔が見たかったので、10年間我慢してやり続けてよかった」と声をはずませた。
 
◇本大会への出場を決めた大学は以下の通り

・1位 明治大

・2位 中央大

・3位 日本体育大

・4位 山梨学院大

・5位 神奈川大

・6位 法政大

・7位 中央学院大

・8位 駿河台大

・9位 専修大

・10位 国士館大

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「箱根駅伝」に関する記事

「箱根駅伝」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「箱根駅伝」の記事

次に読みたい「箱根駅伝」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク