【ZOZOチャンピオンシップ】松山が首位キープで優勝に王手「いいプレーをすれば勝てる」

【ZOZOチャンピオンシップ】松山が首位キープで優勝に王手「いいプレーをすれば勝てる」
拡大する(全1枚)
松山英樹(東スポWeb)

 米男子ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」3日目(23日、千葉・アコーディア習志野CC=パー70)、首位から出た松山英樹(29=LEXUS)は、4バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで単独トップをキープした。

 優勝に王手をかけたものの、最終18番パー5が痛かった。ティーショットを左に曲げ、林に打ち込み、2打目は隣の9番のフェアウエーに出した。林越えの3打目は、グリーンに届かず手前。1・5メートルに寄せたが、これを外してボギーとしてしまった。同じ最終組で回った2位のキャメロン・トリンガーリ(米国)が18番でバーディーを取ったため、1打差に詰め寄られた。終わってみれば、これが勝負を分けるホールになる可能性もゼロではない。

 松山は「トップで終われたということはよかった。いいプレーをすれば勝てると思うし、ダメだったら負けるけど、いいプレーが3日間できていると思うので続けられるように頑張りたい」と最終日の戦いを見据えた。

 日本開催だった2019年大会はタイガー・ウッズ(米国)に届かず、2位だっただけに、2年ぶりに日本に戻ってきた今回は勝利を期して臨んでいる。残り18ホール、日本で優勝カップを掲げることができるか。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

松山英樹のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松山英樹」に関する記事

「松山英樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松山英樹」の記事

次に読みたい「松山英樹」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク