【弥彦競輪・GⅠ寬仁親王牌】新田祐大2着入線も失格…グランドスラム達成ならず

 弥彦競輪場のGⅠ「第30回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」は最終日の24日、12Rで決勝が行われた。

 グランドスラム達成を目指した新田祐大(35=福島)は2着入線も、直線の斜行で失格となった。北日本4車の連結は分断され「(新山)響平は頑張ってくれたけど、連係が離れたりして難しかった。最後もきつかった」と肩を落とした。

 グランプリ出場に向けては「賞金では出られない。競輪祭の優勝しかないんで」と乾坤一擲の勝負をかけると誓っていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「競輪」に関する記事

「競輪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「競輪」の記事

次に読みたい「競輪」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク