エンゼルス公式サイトが来季展望 大谷は「さらに向上」カギは守護神イグレシアスの残留

 エンゼルス公式サイトが「21年シーズン終了後にロースターがどうなるか」と題した特集を掲載した。今季活躍した主な選手の現在の契約状況を説明し、来季もチームでプレーするかどうか分析した。

 二刀流の活躍でア・リーグのMVP有力候補となっている大谷翔平投手(27)の契約内容を「22年は年俸550万ドル(約6億2800万円)で、23年に年俸調停の権利を得る」と説明。「同じシーズンに投手と打者の両方でエリート選手になれることを証明した。周りのラインアップが改善されれば、来季はさらに向上できると信じられる」と来季の飛躍に期待を寄せた。

 ワールドシリーズ後、FAになるのは先発投手ではアレックス・カッブ(34)とディラン・バンディ(28)、救援投手ではスティーブ・シーシェク(35)、守護神のライセル・イグレシアス(31)、捕手のカート・スズキ(38)、外野手のファン・レガレス(32)だ。

 カッブは「残留」、バンディは「戻る可能性は低い」、シーシェクは「再契約の可能性は低い」、スズキは「引退の可能性」、レガレスは「残留の可能性はあるがFAを選択」と指摘した。

 そんな中、チームとして絶対に必要なのはイグレシアスだ。昨オフ、レッズからトレード移籍して34セーブをマーク。イニングまたぎもいとわず65試合の登板で70イニングを投げ、103奪三振。39度のセーブ機会で失敗は4度と安定していた。

「エンゼルスは(イグレシアスを)残留させるために複数年契約を提示するだろう。さもなければ彼は年俸1840万ドル(約21億100万円)に設定されたクオリファイングオファーを受けるだろう」と予想した。

 イグレシアスが勝てるチームを希望するなら、残留の可能性は低そうだが…。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク