巨人・中田翔 CS爆発の予兆か 古巣・日本ハムからの心配を一掃する「自主行動」

 復活の兆しとできるか。巨人・中田翔内野手(32)が29日に、ジャイアンツ球場で行われた一軍の全体練習終了後、志願の居残り特打を行った。シーズン途中に巨人に移籍した中田は34試合に出場し打率1割5分4厘、3本塁打、7打点と低迷。移籍前の日本ハムでも打率は1割台と、自己ワーストの結果に終わった。そんな中での「特訓志願」は、CSでの復活に向けた中田の大きな変化であるとの見方も…。そのワケとは――。


「これ以上チームの足を引っ張りたくない」。抱いていた焦りが、いつも以上に中田にバットを振らせた。全体練習も終了し、すべての野手がグラウンドを去った後のこと。中田は元木ヘッドコーチや阿部作戦コーチら一軍首脳陣が総出で見守る中、ただ一人居残り特打を開始。時折コーチ陣にアドバイスを受けながら黙々とフリー打撃を行い、終わってみれば、そこまでの打撃練習メニューも含めて1時間半以上バットを振り続けた。

 すべては自ら志願してのものだった。中田は「元木さんだったり、阿部さんだったり、いろいろなアドバイスをもらった上で、試してしっかり打ちたいなと今日思ったので、わがまま言って打たせてもらいました」と経緯を説明。今季中に感じていたスイング軌道などの感覚のズレを、指導を受けながら修正を図ったという。

 この日の中田の自発的な行動こそ〝北の大砲〟復活への大きな一歩となるかもしれない。今季途中に日本ハムから巨人へ移籍した際、古巣側からはこんな不安な声も寄せられていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

中田翔のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中田翔」に関する記事

「中田翔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中田翔」の記事

次に読みたい「中田翔」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク