中日・柳裕也 防御率&奪三振の2冠達成「結果で周囲を見返したい気持ちが原動力」

 セ・リーグの全日程が1日終了し、中日・柳裕也投手(27)が防御率2・20、奪三振168で投手タイトル2冠を手中にした。

 今季は26試合に先発し、11勝6敗とリーグ3位タイの勝ち星をマークするなど安定した投球を披露。5年目にして2つもの初タイトルに輝いた右腕は「タイトルを獲得することができて、とてもうれしいですし、光栄に思います。1年間、たくさんの方に支えてもらいながらマウンドに立つことができた。すべての方に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

 さらに「キャンプ、オープン戦と結果を出せなかった自分を起用していただいた首脳陣の気持ちに応えたかったし、結果で周囲を見返したいという気持ちが、今年の自分の原動力でした」と明かしつつも「上には上がいますので、さらにレベルアップできるよう頑張りたいです」と来季をにらんでいる。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク