【北京パラ】村岡桃佳 夏冬〝二刀流〟の集大成…陸上経験し改めてスキーが好きに

 次なる挑戦へスタートを切った。今夏の東京パラリンピック陸上女子100メートル(T54)で6位入賞を果たした村岡桃佳(24=トヨタ自動車)は、来冬の北京パラリンピックに向けて始動。2018年平昌大会のアルペンスキーで金を含む5個のメダルを獲得した冬の女王が“二刀流”のサクセスストーリーを完結させる。

 まさかの事態にもめげなかった。当初は20年夏まで陸上に励んだ上で、スキーを再開する予定だった。しかし、新型コロナウイルス禍の影響で東京大会が1年延期。19年から本格的に取り組んできた陸上を断念すべきとの声もあった。それでも、村岡は「可能性がある限りは続けたい」と奮起。退路を断って挑んだ東京大会で悲願の決勝進出を果たし「2年半つらくて苦しかったけど、すごく楽しかった」と笑顔を見せた。

 ただ、いつまでも余韻に浸っているわけにはいかない。「東京大会が終わった瞬間から北京大会への動きだしをしていかないといけないので、各所からバーッと連絡がきた(笑い)。準備をし始めて、少しずつ気持ちがスキーの方に切り替わっていった」。北京大会まで残された時間は4か月あまり。10月下旬の欧州遠征から雪上でのトレーニングを再開した。

 道具の調整、体づくりなどを並行しながら大一番に向けて調整を行っていく中で「東京大会から半年たたないうちに北京大会が迫っていることへの不安はある」と本音を口にしながらも、東京大会に向けての2年半は、村岡にとって大きな財産となったという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク