バルセロナのシャビ監督が来年1月に若手FWトリンコンのレンタルバックを希望

 スペイン1部バルセロナのシャビ監督(41)が来年1月に解禁となる移籍市場でイングランド・プレミアリーグのウルバーハンプトンに所属するFWフランシスコ・トリンコン(21)のレンタルバックを希望していると、同国紙「マルカ」が報じている。

 すでにイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングや同リーグのマンチェスター・ユナイテッドでプレーするウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、同アーセナルの元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットらの獲得が各メディアで報じられている。

 そんな中、シャビ監督は来年6月末の期限付きで移籍したトリンコンに注目しているという。同紙は「シャビは来年1月に戻って来られるようにクラブに求めている」としているが、ウルバーハンプトンで8試合に先発しているように、チームの主力となっており、バルセロナに復帰させるのも簡単ではない。

 しかもバルセロナはトリンコンのレンタル料として600万ユーロ(約7億8000万円)をもらっている。契約がある中、シーズン途中の〝引き抜き〟となるため「戻すには有料でなにかしなければならない」と伝えている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マンチェスター・シティ」に関する記事

「マンチェスター・シティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク