巨人・陽岱鋼が電撃退団!今季出場7試合で自ら申し入れ「新たなステージで挑戦したい」

 巨人・陽岱鋼外野手(34)が今季限りで退団することが決定した。球団が25日に正式発表した。

 陽岱鋼は2016年オフにFAで日本ハムから加入。契約年数は5年だったが、故障や打撃不振に悩まされるシーズンが多く、今季が最終年だった。勝負の年を前に昨オフには「後がないという考えしかない」と危機感も口にしていた。しかし、結果的に今季の大半をファームで過ごすこととなり、一軍出場は7試合。打率1割4分3厘、本塁打と打点はともにゼロの成績に終わった。

 球団側としては来季も契約を結ぶ方針だったが、本人から新たなステージで挑戦したいとの申し入れがあり、これを了承。自由契約となり、新たな道を模索していく。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小林誠司」に関する記事

「小林誠司」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小林誠司」の記事

次に読みたい「小林誠司」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク