新庄監督 ファンの前ではロックスター 選手の前ではグダグダ「バカだと思った」

 日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が30日のファンフェスティバルに登場した。

 白のランボルギーニと「感動させてもいいですか?」の名ぜりふで新庄健在をファンにアピールした一方で、舞台裏で行われた選手への訓示では「グダグダだった」とボスは苦笑いだった。指揮官は言った。

「選手(全員)に挨拶をしたんですけど、グダグダだった。何を言ってんだろう、って。もうグチャグチャ(笑い)。だから、うれしかったんでしょうね。全員の選手と顔を合わせたことに対して…。もう、めちゃくちゃ楽しみだったから」

 1万8215人のファンの前ではスターを演じきったビッグボスだったが、わずか60人前後の選手の前でははやる気持ちが前に出過ぎて、頭の中が真っ白に。

「たぶんね、(選手は)ビッグボスはバカだと(思ったと思う)。日本語しゃべれるの、あなた? それぐらいグダグダだった」とうれしそうにバックステージでの選手との時間を語っていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク