傷害致死事件まで起きた“トー横キッズ”の独自世界 女子高生に悪さ「トー横四天王」も

今、世間をにぎわせている「トー横キッズ」とは何なのか。サラリーマン御用達のビジネスホテルとは関係がない。新宿・歌舞伎町のかつてコマ劇があった場所に建つ新宿東宝ビル周辺にいる少年少女が「トー横キッズ」と呼ばれているのだ。最近も殺人事件との関連で名前が出るなど何やら物騒な感じ。欲望渦巻くこの街で何が起きているのか。

トー横キッズが直近で話題になったのは11月27日に歌舞伎町のビル屋上で氏家彰さんが亡くなった事件だった。傷害致死の疑いで逮捕されたのは関口寿喜容疑者(26)と18歳の少年2人。彼らが「トー横キッズ」だと報じられていた。

トー横キッズとは新宿東宝ビル周辺にたむろしている若者のことだとされる。実際に訪れてみると、確かに同ビル周辺にある広場の一角には夕方から数人の少年少女が座り込んでいた。彼らがトー横キッズなのか。声を掛けると、「トー横キッズはもともとは、こっちじゃなくて反対側の通りにたむろしていた人たちのことを言うんですよ」と教えてくれた。

こう話す20代男性は広場に集まる少年少女たちの面倒を見ているという。この男性によると2、3年前にSNSで自撮りを趣味にしていた人たちが広場とは反対側の路地に集まりだしたとのことだ。

「『自撮り界隈(かいわい)』と呼ばれ、女の子が集まって、人が増えたんです。それが『トー横界隈』となりました。そこには『トー横四天王』がいて、女の子に悪さをしていました。それとは別に広場に集まる『広場界隈』というのもありました」(前出の20代男性)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク