巨人・原監督が加藤元スカウトをしのぶ「プロ野球への入り口をつくってくれた」

記事まとめ

  • 元捕手でスカウトを務めた加藤克巳さんが亡くなったと巨人が発表。
  • 山倉和博や原辰徳、槙原寛己、後藤孝志らの発掘と獲得に尽力。
  • 原監督は「プロ野球への入り口をつくってくれました」と追悼した。
巨人・原監督が加藤元スカウトをしのぶ「プロ野球への入り口をつくってくれた」
拡大する(全1枚)
巨人・原監督(東スポWeb)

 巨人は1日、元捕手でスカウトを務めた加藤克巳さんが11月30日午後2時52分、慢性心不全急性増悪のため亡くなったと発表した。86歳だった。

 加藤さんは愛知県出身で1955年に巨人に捕手として入団。通算41試合に出場し、63年の引退後は巨人のスカウトとして99年まで在籍していた。その間に山倉和博や原辰徳、槙原寛己、後藤孝志らの発掘と獲得に尽力した。

 訃報に際し、原辰徳監督(63)は球団を通じて「高校の時からよくグラウンドに足を運んでくれたことを思い出します」と当時を懐かしみつつ「多くの方が私のプロ野球への入り口をつくってくれましたが、その中の一人です。改めて感謝するとともに、謹んでご冥福をお祈りします」とコメントした。

 葬儀は近親者のみで執り行われ、喪主は長女・西谷麻子さんが務める。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

原辰徳のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原辰徳」に関する記事

「原辰徳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原辰徳」の記事

次に読みたい「原辰徳」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク