阪神・梅野が残留決めた心境明かす「ファンの声を裏切れないところもあった」 

阪神・梅野が残留決めた心境明かす「ファンの声を裏切れないところもあった」 
拡大する(全1枚)
胸中を明かした梅野(東スポWeb)

 FA権を行使せず、来季のチーム残留を決めた阪神梅野隆太郎捕手(30)が4日、オンラインで開催のファン感謝フェスティバル前に改めて、残留を決めた心境を語った。

 「タイガースのファンの声援も力になりますし、やっぱり今、この選手たちとてっぺん目指して、優勝を目指す、そこのところはブレずに。ファンの皆さんの『残ってくれ』というメッセージだったり、そういうのも自分のなかで裏切れないところもあった」と告白。

 今季は正捕手として130試合に出場も、ヤクルトとV争いを演じた終盤は、同僚の坂本誠志郎(28)に譲る場面もあった。「個人的には終盤で出場機会が減ったんですが、そこまで戦えた自分のね、ここまでやれると良い意味で感じたし、悔しさもそれ以上に。戦え抜けなかった悔しさは、それ以上にあるんですけど、それは今後の糧として跳ね返していくいくのが自分の立ち位置」と、気持ちは早くも来季へと向いていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「阪神タイガース」に関する記事

「阪神タイガース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「阪神タイガース」の記事

次に読みたい「阪神タイガース」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク