ソフトバンク大関が年俸1100万円でサイン 来季「2桁勝利を狙いたい」

ソフトバンク大関が年俸1100万円でサイン 来季「2桁勝利を狙いたい」
拡大する(全1枚)
ソフトバンク・大関友久

 ソフトバンクの大関友久投手(23)が4日、ペイペイドームで契約更改に臨み、300万アップの年俸1100万円でサインした。  

 今季は育成選手から5月末に支配下に昇格。12試合に登板して防御率2・35をマークした。

 藤本監督から秋季キャンプの「投手MVP」に挙げられるなど、来季は先発ローテ候補としての期待をかけられている。

 チームにはエース・千賀と育成出身がローテの軸にもなっている。

「先発でまずは勝てるように準備して、そこからスタートダッシュというか、全力で行けるようにしたい。最終的には、理想的には、2桁勝利というところを狙っていきたいと思います」と目標を掲げた。(金額は推定)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク