西武・松坂大輔の引退セレモニーにイチロー氏が登場! サプライズで花束渡す

記事まとめ

  • 西武・松坂大輔投手の引退セレモニーに、イチロー氏がサプライズ登場。
  • Lビジョンにイチロー氏からのビデオメッセージが流れると、本人が現れた。
  • 驚く松坂に花束を渡してそのままグラウンドを去り、ファンもナインもあ然だった。

 西武松坂大輔投手(41)の引退セレモニーに盟友のイチロー氏(48=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)がサプライズ登場した。

 4日、メットライフドームで西武のファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA2021」が行われた。

 その最後に今季限りで23年間の現役生活に幕を降ろした松坂氏の引退セレモニーが行われた。

 友人である俳優の妻夫木聡、西武入団時の恩師・東尾修氏からの花束贈呈に続き引退挨拶に立った松坂は「小さい頃から野球が好きで最後は普通に投げられなくなるまで続けることができて本当に幸せでした」とファンに最後のメッセージを送った。

 辻監督の閉会挨拶に続いて場内を一周した松坂に最初のサプライズとなったのは現役時代に日米で数々の名勝負を繰り広げ、WBCでは侍ジャパンをけん引してきた盟友・イチロー氏からのビデオメッセージだった。

「大輔、どんな言葉をかけていいのか、言葉がみつからない。だから、僕にはこんなやり方しかできない。許せ大輔!」

 そうLビジョンに映し出されたビデオメッセージで語ったイチロー氏が一塁側ベンチ横からイチロー本人が現れ直接、松坂の功労をねぎらい花束を渡しに登場したのだ。

 驚く松坂に花束を渡し、そのままグラウンドを去った日本球界のレジェンド・イチロー氏の姿に詰めかけたファン、ナインらもあ然とするサプライズだった。

 衝撃的だったプロデビューの1999年5月16日に同じ西武ドームでイチロー氏から1試合3三振を奪い「自信から確信に変わりました」の名ゼリフが生まれた。

 その現場で引退の日に再び驚きの再会が実現した。松坂にとってはこれ以上ない、最高の相手からのねぎらいだった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク