渋野日向子 “ハラハラドキドキ ”の米ツアー最終予選会 男子プロも舌を巻いた「特殊能力」

 やっぱりタダ者ではない――。女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)が、プロゴルファーの間でも評価を上げている。米女子ツアーの来季出場権をかけた「最終予選会」第1週(アラバマ州モービル・マグノリアグローブ)は独特の重圧をはねのけて通算6アンダーの24位で突破。プロをもうならせる勝負強さは、最終関門となる第2週(9~12日、同州マーシュウッド・ハイランドオークスGC)でも発揮されそうだ。

 2019年の海外メジャー「AIG全英女子オープン」優勝で得た米ツアーメンバーになる権利を放棄し、渋野は満を持して今回の最終予選会に臨んだ。初日は81位と大きく出遅れ、2日目も72位で第2週に進出できる70位圏外。しかし、3日目に66の猛チャージで位に急浮上すると、4日目も69でまとめて、残る4日間に駒を進めた。

 渋野は〝前半戦〟を「1日目、2日目とつまずいて、ハラハラドキドキな4日間だった」と振り返った。ファンも同じように〝ハラハラドキドキな4日間〟と感じていただろうが、プロゴルファーの目にはどう見えたのか。あるベテラン男子プロは、渋野の戦いぶりをこう評価した。

「全てうまくいくに越したことはないが、どんな選手でもそうはいかない。ダメだったホール、ラウンド、そして大会の後、引きずらないことが大事になってくる。プロでもその切り替えが、うまくできない選手が結構いるのだけど、渋野さんは出遅れから、ある程度の位置まで上がってきたのは素晴らしい。プロ仲間でも、そういう話をしたよ」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク