カープファンにはたまらない今年の都市対抗野球 〝一軍スタート〟4人出場!

カープファンにはたまらない今年の都市対抗野球 〝一軍スタート〟4人出場!
拡大する(全1枚)
広島・佐々岡監督(東スポWeb)

【赤坂英一 赤ペン!!】今年の都市対抗野球、プロ野球の広島ファンにとって必見の大会となった。佐々岡監督が来年のキャンプ一軍スタートを明言した社会人の新人が4人も出場しているのだから。

 最初に存在感を示したのは、ドラフト2位の左投手・森翔平(23=三菱重工West)。予選の4試合20回で防御率0・00と抜群の安定感で、今大会1回戦でも8回3安打自責0と好投した。

 真っすぐの平均速度は140キロ台。5四死球で自らピンチを招いた場面もあったが、そこで踏ん張れるメンタルの強さ、配球の巧みさが光った。

 森本人は元巨人、中日の捕手・小田幸平ヘッドコーチ(来季は中日二軍バッテリーコーチ就任)の指導と助言が役立ったことを強調している。

「お前の生命線は右打者の内角を攻める真っすぐだと、小田さんにずっと言われていました。内角の次に外角で打ち取るのが僕のスタイルです」

 広島に指名されると、小田コーチに「一日でも長く、一球でも多く投げられるように頑張れ」と激励されたそうである。

 ドラフト5位の右投手・松本竜也(22=ホンダ鈴鹿、東邦ガス補強選手)はリリーフ向きだろう。1回戦は1点リードの6回二死二塁から登板し、最速148キロの直球にカーブ、カットを織り交ぜ、3回1/3を無失点。2回戦は延長10回、タイブレークの一死満塁から、すべて直球で2連続三振。直後のサヨナラ勝ちをもぎ取った。

 松本を送り出した東邦ガスの山口勝司監督も「ピンチでも動じない。球に勢いがあって、三振を欲しいところで取ってくれる」と絶賛。広島で抑え候補になりそうだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク