森保監督がまたまた〝序列論争〟 改めてベテラン重視を否定して新戦力抜てきに意欲

 日本代表森保一監督(53)がまたまた〝序列論争〟に言及し、改めて序列重視を否定したうえで新戦力の抜てきに強い意欲を見せた。

 森保監督は7日にオンラインで会見し、来年1月21日に行われる国際親善試合ウズベキスタン戦(埼玉)に臨む日本代表メンバー22人を発表した。会見ではこれまで批判の的になっていたベテラン重視の序列に関する質問が出た。

 チーム内の序列を崩す選手が今回いるかとの問いに「入っていると思う」と断言。「私や我々のチームの評価をしてくれている方々が、すべての選手たちにニュートラルで見ているのかどうかという見方をしているかは分からないが、選手たちの生き残りについては選手たち自身のパフォーマンスにかかっている」と序列の重視を改めて強く否定したうえで、完全実力至上主義を強調した。

 一方で「プラス、これまでの活動も総合的に見ていきたい。序列を崩すという意味では、経験の浅い選手たちが割って入ることは十分ありえることだと思っている」と今後の選考では実績も併せて重視すると説明した。

 そのうえで4人の初選出組を始めとした新戦力に期待を寄せ「代表でも戦力になってほしいと考えている。トレーニングの場で力があれば間違いなく、そこで試合に出られるパフォーマンスを見せてもらえれば起用する。そこを自分でつかみとってくれると考えている」と序列にこだわらずアピールに成功すれば重用する方針を明言。

 森保ジャパンは〝平等〟な競争でチーム強化を図っていく方針だ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク