嘉門洋子が振り返る〝失われた20年〟 ヤクザの愛人説、薬物パーティー報道が飛び出したワケ

嘉門洋子が振り返る〝失われた20年〟 ヤクザの愛人説、薬物パーティー報道が飛び出したワケ
拡大する(全1枚)
家田荘子氏(右)と嘉門洋子(東スポWeb)

家田荘子の駆け込み寺】あなたの話をお聞かせください――。作家で僧侶の家田荘子氏が気になる人物に迫る「駆け込み寺」対談編。話すことで自身を見つめ直し、人生の学びを見いだす。今回のゲストは女優の嘉門洋子(41)。1990年代後半にグラビアアイドルとして注目を集め、バラエティー番組などに出演。しかし人気絶頂時に薬物パーティー参加疑惑を報じられ暗転。ネットの噂に翻弄され、失われた20年について嘉門が語った〝真実〟とは――。前後編でお届けする。

 家田 グラビアアイドルとして大活躍した。

 嘉門 言い過ぎですけど、うれしいです。

 家田 芸能人の方からもアプローチがあった?

 嘉門 本当になくて。後で聞かれると思うんですけどヤクザの愛人だと思われてたんで、きっとみんな怖くて口説いてこなかったです(笑い)。

 家田 ネットに書かれている噂について聞きたいのですが、よろしいですか。薬物パーティーに参加したと…(2000年10月、女優・三田佳子の次男である高橋祐也氏が自宅地下室で覚醒剤パーティーを行っていたことが発覚。このパーティーにグラビアアイドル数人が参加していたという疑惑が報道された)

 嘉門 全く事実ではないです。グラビアの友達と焼き肉を食べに行って終電がなくなって、「大きい家が近くにあって、そこに朝までいられるよ」って言われて。そこが三田さんのお宅だってことを本当に知らなくて、しばらくしてから報道されて「えっ、あの家」って感じでした。やってはないんですけどそこに行ったことが問題。10代だったんですけど、自分の行動を考えるべきだったなって思います。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク