【初場所】御嶽海が無傷6連勝 照ノ富士の土は意識せず「自分の相撲だけを意識」

 大相撲初場所6日目(14日、東京・両国国技館)、関脇御嶽海(29=出羽海)が幕内遠藤(31=追手風)を押し出しで破り、初日から6連勝とした。立ち合いから一気に前進。電車道で相手を仕留める盤石の内容に「良かった。申し分ないと思う。このまま気持ちを高ぶらせて調子よくいきたい」と手応えを語った。

 この日、結びの一番で横綱照ノ富士(30=伊勢ヶ浜)が幕内玉鷲(37=片男波)に敗れ、初黒星。同じく全勝の幕内阿炎(錣山)とともに優勝争いのトップに立ったが「自分の相撲だけを意識して周りは気にせずやりたい」と強調した。その上で7日目はその玉鷲との対戦。「自分の相撲を取れば負けることはないと思う」と自信をみなぎらせた。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク