【青葉賞】あえて皐月賞を使わなかった2頭に注目

【青葉賞】あえて皐月賞を使わなかった2頭に注目
プロディガルサン

【青葉賞(土曜=30日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)美浦発トレセン秘話】「確かに骨膜(炎)は出たけど、決して使えなくはなかったと思う。普通の馬なら皐月賞に行っていたんじゃないかな。でも目標は、そこじゃないから。オーナーサイドもダービーを目指してくれとの意向だったので」

 これは今週の青葉賞にプロディガルサンを送り出す、国枝厩舎の番頭格・佐藤勝美助手の言葉である。並のGIよりも重いGII、それがダービートライアル。受け取り方によっては、そうも聞こえる。フルゲート割れだった昨年ほどではないにせよ、皐月賞は今年も実際“不人気”だった。一生に一度の舞台でも、ボーダーラインは最低限の賞金400万円まで下降。おそらく冒頭の発言が、この理由を端的に示している。

「今でも悔いが残るのは、同じ金子オーナーのカミノタサハラ(2013年)。あれだけスケールを感じさせた馬を皐月賞(4着)で終わらせてしまった。もう同じ轍は踏めないからね。事実、間隔は空いたけど、以前に比べて実が入って馬は立派になった。(トモの)ハマりはまだ悪くても、リアルスティール、ラングレーらこの兄弟は皆そう。ラングレーに乗った(北村)ヒロシが調教でまたがったとき“兄に比べれば、しっかりしている”と言ったくらいだから」

 佐藤助手の言葉から測れば、小回りの中山二千より大箱の東京二四こそ、このディープ産駒にはうってつけか。いずれにせよ、皐月賞を使えなかったのではなく、あえて使わなかった。今年の青葉賞は、ダービーに目標を切り替えた馬たちの成長力が試される舞台と置き換えていい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2016年4月28日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。