「無免許運転」再犯 元ベイビーギャング・北見寛明被告に懲役4月実刑判決

「無免許運転」再犯 元ベイビーギャング・北見寛明被告に懲役4月実刑判決
元ベイビーギャングの北見寛明被告

 道路交通法違反の罪に問われたお笑いコンビ元「ベイビーギャング」の北見寛明被告(32)の公判が28日、東京地裁で行われ、懲役4月の実刑判決が言い渡された。

 190センチの高身長と甘いマスクで男前芸人として知られた北見被告は、1月に都内で無免許運転をしたとして、起訴された。2013年にも同罪で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けていたが、今回の起訴とあわせ、どちらも所属事務所の「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」には報告していなかった。

 だが、13日に行われた裁判を傍聴した傍聴芸人の阿曽山大噴火(41)がラジオで報告したことにより事実が発覚。15日付で事務所に解雇された。

 この日、ヒゲを剃って前髪を下ろし、黒のスーツで入廷した北見被告は被告人質問で「自分のしてしまった罪の重さを考えれば致しかたないこと。真摯に受け止めています」と事務所解雇について陳述。「相方、家族、仕事の関係者の皆様、応援してくれたファンの皆様を裏切ってしまったこと、迷惑をかけてしまったことを心から反省しております」と話した。

 もっとも、北見被告は前回の逮捕時は親族になりすまそうとし、今回も相方・りんたろー(30)の名前を使って罪を逃れようとした。

 そうした行為や、無免許運転が常習だったこと、執行猶予中の再犯だったことなどを重く見た田中結花裁判官は「交通安全意識に関して相当問題があると言わざるを得ない」と断罪。懲役4月の判決を下した。

 終始、神妙な面持ちを崩さなかった北見被告は傍聴席の報道陣らにも深く頭を下げ、退廷した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2016年4月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。