菅野の白星また消した澤村にまさかの同情論

菅野の白星また消した澤村にまさかの同情論
澤村拓一

 28日、甲子園球場で行われた阪神―巨人の伝統の一戦、第3ラウンドは両軍譲らず延長12回、3―3の引き分けに終わった。巨人は先発の菅野智之(26)が8回1失点と好投するも、守護神・澤村拓一(28)が3―1の9回に2点を失い、またも逃げ切りに失敗。V奪回を果たすためには避けては通れない課題が浮き彫りになった。

 菅野の投球は圧巻だった。

 前回DeNA戦(22日)で中指のマメが潰れ、途中降板してから中5日での登板で影響が心配されたが、進化を遂げた右腕には関係なかった。

 立ち上がりからエンジン全開の菅野は3回に坂本の2試合連続となる5号3ランで援護を受けると、さらに加速。

 5回にその坂本の失策で31イニングぶりに失点しても、動揺はなし。ギャレットの失策などで招いた7回一死満塁の危機も、気迫の連続三振で得点を許さず、8回1失点12奪三振、124球で守護神の澤村にマウンドを譲った。

 ところが、その澤村が大誤算だった。

 先頭のゴメスにソロ本塁打を浴びると、さらに2安打と犠飛でたちまち同点に。前回に続き、菅野の登板日にセーブ失敗。後輩エースの4勝目はまたも泡と消えた。

 それでも菅野に悲壮感はなく、澤村に対しても「本人が一番つらいと思う。これまで助けられてきましたし、また次の試合で頑張っていただきたい」と心中を思いやった。

 一方、背信の澤村は「勝つために送り出してもらったのに…。先週(22日、DeNA戦)もそうだったし、情けない。智之には申し訳ない」と反省しきりだった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月29日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。