【柔道全日本選手権】準決敗退の原沢 笑顔なき五輪代表決定

【柔道全日本選手権】準決敗退の原沢 笑顔なき五輪代表決定
拡大する(全1枚)
敗れた原沢久喜(右)

【リオ五輪栄光へのメッセージ(4)】こんなはずでは…。柔道のリオ五輪男子100キロ超級代表が原沢久喜(23=日本中央競馬会)に決定した。原沢は最終選考会を兼ねた全日本選手権(29日、東京・日本武道館)で2連覇を狙ったものの、散々な内容の末に準決勝敗退。陣営からは過酷な代表レースの反動を懸念する声が相次ぎ、祝福ムードはかき消された――。

“リオの最終兵器”の期待感は急速にしぼんだ。初戦の2回戦から格下相手に一本勝ちは一つもない。上川大樹(26=京葉ガス)との準決勝も旗判定0―3で完敗した。「勝って五輪に行けないのは悔しい気持ちでいっぱい。この1年の中で一番動きも悪かった。五輪を意識したんじゃないかと思います」。試合後の強化委員会では満場一致で代表に選ばれたが、原沢に笑顔はなかった。

 100キロ超級はロンドン五輪金メダルのテディ・リネール(27=フランス)がダントツの金メダル候補。原沢はリネールと対戦経験がなく、またリネールも初対戦の選手を苦手としていることから、熱い視線が注がれていた。全日本男子の井上康生監督(37)は「リネールにプレッシャーをかける意味でも非常に重要だった」と残念がった。

 強化委員長を兼ねる全日本柔道連盟の山下泰裕副会長(58)は「戦う相手は国内じゃない。外国人にだけ的を絞っていく」と暗雲を振り払ったが、この結果を深刻に受け止めているのが原沢陣営だ。代表レースでライバルの七戸龍(27=九州電力)に先行されていた原沢は昨年この大会を制した後から、休みなく戦ってきた。国際大会では7連勝の快進撃を見せ、七戸を逆転した。しかしその分、反動も大きかったようだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク