日本ハム・大谷ようやく今季初勝利「1勝する難しさはある」

日本ハム・大谷ようやく今季初勝利「1勝する難しさはある」
ファンの声援に応える大谷翔平

 日本ハム・大谷翔平投手(21)が1日、ロッテ戦(QVC)に先発し、4安打4失点、10奪三振で完投勝利。6度目の登板でようやく今季初勝利(2敗)を挙げた。

 一時はKO降板の不安もよぎる危うい完投勝利だった。立ち上がりはストレート、フォークの制球に苦しみ、2回までに5点の援護をもらいながら、ボールが高めに抜ける安定感のない投球を繰り広げた。

 2回にナバーロ、根元、岡田に適時打を許し、4安打1四球で一挙4失点。本人も「あれだけ序盤に点を取ってもらって、ワンサイド(ゲーム)にしなければいけない」と反省した。

 3回以降、変化球の軸をスライダーに変更したことで徐々に制球が安定し、終わってみれば被安打は2回の4本だけ。138球を投げ、苦労の末につかんだ初勝利に「うれしいですけど、やっぱり1勝する難しさはある。(勝てなかった)5試合は僕的には長く感じた」と1勝の重みをかみ締めた。

 3回から救援陣をスタンバイさせた栗山監督は「一つ勝つことによって落ち着いてくれると思う」としながらも、求めるレベルが高いせいか「今年一番悪い投球。あれだけ情けない中で、今日の投球は今年勝ってこなかったことを象徴しているように感じた。ちょっと宿題が大きすぎるかな。ただ、あれだけ情けない投球でも立ち直れるのはすごい能力。その中で(完投は)何か意味があると思う。次に期待しましょう」とも話した。

 大谷が圧倒的な投球で常に相手をねじ伏せる「エース」となるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大谷翔平 年俸
  2. 大谷翔平 手術
  3. 大谷翔平 現地メディア
東スポWebの記事をもっと見る 2016年5月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

「大谷翔平 + 年俸」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「内野手」のニュース

次に読みたい関連記事「内野手」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。