戸川昌子さん通夜 息子NERO「世界で一番誇りに思う母であり師匠」

戸川昌子さん通夜 息子NERO「世界で一番誇りに思う母であり師匠」
戸川さんの遺影の前で取材に応じたNERO

 先月26日、胃がんのため死去した作家でシャンソン歌手の戸川昌子さん(享年85)の通夜が4日、都内で営まれ、400人が参列した。

 5年前に末期がんの宣告を受けた戸川さんは、喪主を務めた息子でシャンソン歌手のNERO(38)と何度も話し合った結果、最後までステージに立って歌い続けたいという思いを貫き、入院する前日までNEROと一緒にステージに立った。しかし今年1月から痛みが強くなり、静岡県内の病院で緩和ケア治療に取り組んでいたが、帰らぬ人となった。

 NEROは「最後のステージはかっこよかったねと話していたら、痛みがひどくなって。分かっていたのかもしれませんね」と振り返った。最後の5年間は寝食をともにし、特に舞台については「背中で見せてくれた。悔いはない。世界で一番誇りに思う母であり師匠」と涙ぐんだ。

 最期には立ち会えなかったものの「苦しまず、眠るように目を閉じた」という。

 戸川さんは1957年ごろから、東京・銀座にあった日本初のシャンソン喫茶店「銀巴里」に出演して、シャンソン歌手として活躍。

 62年、自身が住んでいた集合住宅「同潤会アパート」を舞台としたミステリー「大いなる幻影」で第8回江戸川乱歩賞を受賞した。翌年には「猟人日記」を発表し、直木賞候補になりベストセラーとなった。

 64年に「猟人日記」が映画化された際、自身も女優として出演。以降、テレビドラマ出演やコメンテーターなど幅広く活躍し、80年代にはフジテレビ系バラエティー番組「いただきます」(84~89年)にゲストとしてたびたび出演し、MCの小堺一機(60)らとお悩み相談トークを繰り広げ人気となった。

 77年、46歳のとき(本人は女性誌のインタビューでは48歳のときと語っている)にNEROを出産。当時の最高齢出産として話題になった。

 戒名は浄賢院楽音文昌大姉。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2016年5月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。