中日が初モノ攻略に成功 巨人・長谷川を5回KO

中日が初モノ攻略に成功 巨人・長谷川を5回KO
5回、ナニータにタイムリーを打たれ降板した長谷川潤

 初モノが苦手な中日が6日の巨人戦(東京ドーム)でプロ初先発の新人・長谷川潤投手(24)を攻略した。

 4回まで走者を出しながら、なかなか得点できない展開だったが、そんなモヤモヤを5回に一気に晴らした。一死から大島が中前打で出塁すると、続く荒木の左前打で一死一、三塁とチャンスを広げる。ここでキャプテン・平田が直球を叩き、中犠飛で1―1の同点とした。

「チャンスということは意識せず、打てる球だけを打とうと思っていました」(平田)

 前カードの阪神戦(ナゴヤドーム)で2試合連続零封負けを喫しており、実に24イニングぶりの得点で眠っていた竜打線が目を覚ます。

 続くビシエドの中前打で二死一、三塁とすると、打撃好調のナニータが右前に勝ち越し打を放つ。「ストライクゾーンに来た球は積極的に打とうと思っていた。甘く入ってきた球をしっかりと打つことができたよ」とナニータもニンマリだ。

 この一打で長谷川をマウンドがら引きずり下ろすと、2番手の田原誠からも得点し、この回に一挙4点を奪った。

 中日は3月30日の広島戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発の新人・横山弘樹投手(24)に初勝利を献上。昨季から初対戦で先発した新人投手相手に5連敗を喫した。その後、ヤクルト・原樹理投手(22)、DeNA・今永昇太投手(22)と初モノのルーキーに黒星をつけたが、原には7回で3得点、今永は7回1得点と、打ち崩すまでには至らなかった。ようやく中日がスカッとした形で新人にプロの洗礼を浴びせた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2016年5月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。