日本ハム・浅間“暴走”もコリジョンルールで逆転セーフ

 6日の西武―日本ハム戦(西武プリンス)で今季から導入されたコリジョン(衝突)ルールが適用され、アウトの判定がセーフに覆るシーンがあった。

 場面は日本ハムが大野の押し出し死球で3―3の同点に追いつき、なおも一死満塁の6回表。ここで西武先発・高橋光が9番・西川への初球を暴投し、三塁走者・レアードが逆転の生還。さらに二塁走者・浅間が一気に本塁を狙うと、ベースカバーに入った高橋光に捕手・炭谷が送球し、一度はタッチアウトとなった。

 しかし、高橋光は本塁をまたぐ形でタッチプレーを行ったため、ビデオ判定となり、判定は「セーフ」に覆った。

 眞鍋球審は「今年の3大原則。①体当たりをしてはいけない②ブロックをしてはいけない③走路を空けないといけないのうちの最後。走路がふさがっていたので」と判定変更の根拠を説明した。

 一方、コリジョンルール適用後初の“逆転セーフ”を勝ち取った浅間は「自分の判断でいきました。結果的にラッキーでしたけど、タイミング的にはアウトなので、しっかり反省しなきゃいけない」と判断ミスによる自らの暴走を反省した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2016年5月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら