阪神・原口が持つ「打てる捕手」の条件

阪神・原口が持つ「打てる捕手」の条件
サードへ滑り込む原口文仁

 阪神原口文仁捕手(24)の評価がうなぎ上りだ。8日のヤクルト戦(甲子園)でチームは1―5の敗戦。育成契約から支配下登録され、即一軍で活躍しているシンデレラボーイは6試合連続での先発マスクとなったが、初回にヤクルト・山田に2ランを浴びるなど5失点を喫し「初球を完全に狙われて打たれたのはこちらの配球ミスしかない」と肩を落とした。

 これでスタメン出場の8試合の勝敗は4勝4敗となった原口。特にここ2戦は10失点、5失点と一軍打者のレベルの高さを痛感する結果となっているが、評価は落ちるどころかなぜか上がっている。評価ポイントは劣勢の展開で見せる原口の打撃の良さだ。

 セ・リーグのライバル球団の関係者は「キャッチャーはリードがうまくいかないと打席でも引きずってしまうところがあるが、原口の場合それがまったくなく、思い切りスイングできる。古田や城島、矢野など『打てる捕手』と言われていた選手はしっかりと攻守の切り替えができていてチームから信頼されていた。それを支配下に上がったばかりでできるのはすごいこと」と舌を巻く。

 経験のない若い捕手ならば守備面での失敗が打席にも影響してしまうことが多々ある。しかし、連敗したこの2試合、原口は一発を含む4打数3安打1打点4四死球とリードでの失敗をものともせずに打棒を爆発させている。そんな姿を矢野作戦兼バッテリーコーチは「気持ちのなかで意識して切り替えていくことは大事」と絶賛するほどだ。

「点差があろうが強い気持ちで打席に入っている。1点でも多く、1つでも多くの出塁をと思ってやっている」という原口。その切り替えのうまさは大きな武器となっている。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月9日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。