藤山寛美二十七回忌追善興行で西川きよし生前エピソード披露

藤山寛美二十七回忌追善興行で西川きよし生前エピソード披露
藤山扇治郎に花束を渡す西川きよし
       

 昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者として名をはせた藤山寛美さん(享年60)を追善する「藤山寛美二十七回忌追善 松竹新喜劇」が13日、大阪市の大阪松竹座で初日を迎え、タレントの西川きよし(69)が序幕の「藤山寛美二十七回忌追善 ご挨拶」にサプライズゲストとして登場した。

 渋谷天外(61)ら劇団員や、波乃久里子(70)ら寛美さんとゆかりのある出演者があいさつを行った後、生前、寛美さんと親交の深かったきよしが登場。寛美さんの孫の藤山扇治郎(29)に花束を渡し「今日からいよいよスタートです。ゴールまでしっかり頑張ってください」とエールを送った。

 扇治郎が「ハイ、こつこつ頑張ります!」と、きよしの座右の銘「小さなことからこつこつと」を用いて応じると「それ、私が言おうと思ってた」と苦笑いしたきよしは「藤山先生の二十七回忌の追善興行にご来場くださいまして、松竹の社長に成り代わって厚く御礼申し上げます」とあいさつし会場の笑いを誘った。

 続けて、寛美さんとの思い出に触れ「内山田洋とクール・ファイブが大ヒットしたころに『きよっちゃん、松竹も吉本もないで。仲良くしよ。クール・ファイブに負けないように“フール・ファイブ”を作ろう』と言われまして、藤山先生、坂田利夫さん、レツゴー(三匹)のじゅんさん、月亭八方さんと私を入れていただき、本当にかわいがっていただきました」と語った。

 さらに、特に印象に残っている思い出として「寛美さんがトイレに入ったときに落書きがあって『よお来たな、まぁ座れ』と書いてあったそうです。座ってみたら、小さい字で『右を見よ』とある。見たら今度は『左を見よ』。次は「後ろを見よ』。邪魔くさいなと思いながら見たら『便所の中でキョロキョロすな』と。今でもネタとして使わせていただいております。みなさんもお土産として覚えて帰ってください」と、寛美さんとの会話を披露し会場を盛り上げた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「藤山寛美」に関する記事

「藤山寛美」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤山寛美」の記事

次に読みたい「藤山寛美」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。