日本ハム・市川が右手親指負傷で6回交代

 日本ハム・市川友也捕手(31)が13日の西武戦(札幌ドーム)で負傷交代した。

 市川は6回の守備で二塁にスローイングする際、右手親指を打者・栗山巧外野手(32)のバットに接触させた。痛みのため、そのままベンチ裏に下がり大野奨太捕手(29)と交代した。

 市川は検査のため、札幌市内の病院に向かった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月13日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。