GT決戦 岩貞が故郷・熊本に捧ぐ3安打完封ショー

GT決戦 岩貞が故郷・熊本に捧ぐ3安打完封ショー
岩貞祐太
       

 阪神が27日の巨人戦(東京ドーム)を1―0で制し、3位に浮上した。チームを連敗から救ったのは、今季ブレーク中の3年目の岩貞祐太投手(24)。初の伝統の一戦の登板で3安打完封ショーを演じた左腕の胸には、震災に見舞われた故郷・熊本への思いがあった。

 岩貞が大仕事をやってのけた。宿敵・巨人を相手にプロ初完投初完封。エース菅野に投げ勝って4勝目をマークし、2試合連続サヨナラ負けだったチームを勝率5割に戻した。126球の熱投を見せた岩貞は「初回の1点を守り抜けば、勝てると思った。7回を投げ終えた後に(香田コーチから)『いくぞ!』と言われた時に、最後まで投げきろうと思っていた」と頼もしかった。

 開幕から初のローテーション入りを果たし、ここまで4勝2敗、防御率は菅野に次いでリーグ2位の0・88。藤浪、メッセンジャーをしのぐ安定感だが、特に今年は故郷・熊本で地震が発生したことで胸に期するものがある。熊本市内の実家は被災し、親戚など各方面に救援物資を届ける活動を行っているが、そんな中で“刺激”されたのが、岩貞と同じ熊本・必由館高出身の先輩、ヤクルトの山中浩史投手(30)からの猛エールだった。

「岩貞とは、緊密に連絡を取り合うようにしている。地震のことで『今』地元にできること、『これから』できることなどを互いに提案している。シーズン後に野球教室を一緒にやることも検討している。とはいっても、まずは野球で頑張ることが第一。いまは2人で投げ合えたら最高かなと思う」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月28日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。