中日ドラ1・小笠原が交流戦開幕投手に!ソフトB戦でプロ初登板初先発

中日ドラ1・小笠原が交流戦開幕投手に!ソフトB戦でプロ初登板初先発
小笠原慎之介、キャッチボール
       

 中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手(18=東海大相模)が、交流戦開幕の31日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)にプロ初登板初先発する。

「最初は何のことかなと思いました」。29日、ナゴヤドームで森ヘッドコーチから思いがけず「先発させるからな」と伝えられた。24日に一軍登録されたがその役割は中継ぎ。ブルペンでスタンバイしてきた。当然ながらデビューはリリーフになると思っていたが、まさかの先発。「うれしかったですね」と思わず笑みがこぼれた。

 ただ相手は12球団最強のソフトバンク。簡単なデビュー戦ではないだろう。それでも臆することはない。「すごい打っているチーム。日本一強いチーム。打たれて当たり前と思って、思い切って投げたい」と力を込めた。

 自身も高卒ドラフト1位で1年目にデビューをした谷繁元信監督(45)は「楽しみですね。自分の今持っているものを全部出してくれれば。プロに入ってやってきたことをそのままぶつけてくれればいい。相手は2年連続日本一。ぶつかっていけばいいんじゃないですか」とエールを送った。

 この日の小笠原は緊張している様子もなくいつも通り笑顔で練習。これには友利結投手コーチ(48)も「現代っ子です。小笠原は小笠原でした」と舌を巻いた。デビュー戦ではどんな姿を見せてくれるのか。楽しみは尽きない。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月30日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。