ルーキー小笠原が持ってるミスタードラゴンズのDNA

ルーキー小笠原が持ってるミスタードラゴンズのDNA
小笠原慎之介
       

 中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手(18=東海大相模)が31日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)にプロ初登板初先発。初勝利こそならなかったが、5回1安打1失点に「緊張しました。ガチガチだったんですけど最初に三振が取れてホッとした」。リリーフが打たれて白星を逃したことには「簡単に勝たせてくれる世界じゃない。僕がレベルアップしないと」と話した。谷繁監督は「十分というか堂々と投げてくれました。四球が7つで1失点。やっぱり何かあるね」と昨夏の甲子園優勝左腕の“持ってるぶり”を再認識。次回の先発登板についても「もちろん」と即答だ。

 そんな評価がうなぎ上りの小笠原は意外なことでも注目されている。

 それは合宿所「昇竜館」での行動。暇さえあれば年上の先輩の部屋に転がり込んで、ゲームをしたり飯を食べたりしているのだが、実はミスタードラゴンズの立浪和義氏(評論家)も新人のころ、これと同じことをしていたからだ。

 当時、球団職員として寮にいた先輩の大豊泰昭氏の部屋に立浪氏はしょっちゅう上がり込んではゲームをしたり、勝手にラーメンを作って食べたりしていた。

「当時は立浪は一軍で大豊は二軍(で練習)。一軍の試合が終わった遅い時間にもやってきて大豊も迷惑したようだけど、それでも許していたのは立浪がかわいかったんだろう」(ベテランスタッフ)

 先輩にかわいがられることも、この世界では重要。小笠原は先輩に対してふざけてタメ口で話すことがあるが、それでも周囲には笑いが絶えないのはかわいがられている証拠。小笠原はミスタードラゴンズのDNAを持っているのかもしれない。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「甲子園」に関する記事

「甲子園」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「甲子園」の記事

次に読みたい「甲子園」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月1日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。