【安田記念】逃げ切り勝ちのロゴタイプ・田辺「最後まで自分のリズムでいけた」

【安田記念】逃げ切り勝ちのロゴタイプ・田辺「最後まで自分のリズムでいけた」
ロゴタイプ=田辺裕信騎手

 5日、東京競馬場で行われたGI第66回安田記念(芝1600メートル)は8番人気のロゴタイプが逃げ切り勝ち。勝ち時計は1分33秒0。2着は1番人気のモーリス。3着は6番人気のフィエロ。以下、騎手および関係者のコメント。

 1着ロゴタイプ=田辺騎手「ハナへ行くのは作戦通り。先生からも思い切って乗るように言われていたし、強い馬に勝つにはこの戦法だと思ってちゅうちょはなかった。道中も絡んでくる馬がいなかったので理想のレースができた。今回は最後まで自分のリズムで行けましたね」

 2着モーリス=Tベリー騎手「ペースが遅かったし、前に馬を置くことができなかったので、折り合いを欠いてしまった。それでも最後までよく頑張っているのだが」

 3着フィエロ=内田博騎手「我慢したほうがいい馬だと思っていたが、先行した馬が思ったより外を回ったので、さらにその外を回らされてしまった。最後はいい脚を使ったんだが」

 4着サトノアラジン=川田騎手「これだけ流れが遅くては…。よく伸びているんですが、他の馬も伸びていますし、進路も開きませんでした。もっと速いペースになってほしかったですね」

 5着イスラボニータ=蛯名騎手「ペースが遅かったので早めに行ったが、手ごたえほど伸びなかった。決して止まったわけではないが、馬群が外へ開く形になり、馬の闘争心も湧かなかった」

 6着ディサイファ=武豊騎手「思い通りのいいレースができた。スタートが決まっていい位置が取れたし、マイルも問題ない」

 7着ダノンシャーク=大久保調教師「この馬もジョッキーもベストを尽くしたが、ペースが遅くて後ろの馬にはきつかったね」

 8着クラレント=小牧太騎手「ゲートはうまく出たが、他の馬が速くて、思ったより前に行けなかった」

 9着ロサギガンティア=Mデムーロ騎手「ゲートは遅かったが、マイルはギリギリなので、最初からじっくりと乗るつもりだった。最後の直線は馬場がこたえたのか、内にモタれていた」

 10着レッドアリオン=川須騎手「大外枠だったし、内の馬が速かったので後ろから。展開が向かなかったけど、この馬自身は最後までしっかり走っている」

 11着リアルスティール=福永騎手「流れは遅くなると思ったが、予想以上にスロー。その分、馬を落ち着かせるまでに時間がかかってしまった。3コーナーからはスムーズだったが、直線はモーリスに並びかける前に失速。前半のロスがこたえたようだ」

 12着コンテントメント=プレブル騎手「スタートが良く、いい位置が取れた。道中もスムーズだったが、でこぼこした馬場を嫌がって最後の直線では余力がなかった」

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2016年6月5日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。