TBS 結婚、熱愛続きで女子アナ大量退社の危機

TBS 結婚、熱愛続きで女子アナ大量退社の危機
久保田智子(左)、小林悠
       

 TBSが女子アナ大量流出のピンチを迎えている。実力派と言われエース格だった久保田智子(39)、小林悠(30)の両アナが今春、それぞれ退社の予定を公表、退社し、20代の中堅~若手でも3人の女子アナに熱愛、結婚が発覚し、寿退社説がささやかれ始めているという。熱愛や結婚はおめでたい話とはいえ、退社が続出したら大きな痛手なのは間違いない。そこで同局は、異例の採用増に打って出て人材確保に躍起になっている。

 TBSの女子アナがやたら騒がしい。今月3日には、朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」などに出演している林みなほアナ(26)が、同局関係者と結婚することが一部で報じられた。

 また先月28日には、AD出身という異色の経歴を持つ笹川友里アナ(25)が、リオデジャネイロ五輪フェンシング日本代表・太田雄貴(30)と交際していることを報告したばかり。関係者によれば、笹川アナは年内に結婚する可能性が高いという。

 最近は、フジテレビと並んで視聴率低迷に苦しんでいるTBSだけに、女子アナの結婚や熱愛は本来、おめでたい話のはずだが、なぜか局内は重苦しいムードに包まれているという。その理由は、女子アナの人材難に拍車がかかるからだ。

 林、笹川両アナ以外にも、入社7年目の佐藤渚アナ(28)がサッカー日本代表MF柏木陽介(28=浦和)と3月に入籍した。

「佐藤は今後退社する可能性が高い。アスリートの妻は、夫の健康管理が最大の任務だから、局アナと二足のわらじは大変。佐藤が現在、目立った担当番組を持っていないのも、退社の準備のためと言われている」(TBS社員)

 TBSの女子アナが退社するケースはここ数年、他局に比べても目立っている。日曜朝の情報番組「サンデー・ジャポン」のMCを務めるなど、バラエティー系のエース格だった田中みな実アナ(29)が2014年9月をもって退社しフリーに転身したのは、まだ記憶に新しいところだ。

 さらに「白熱ライブ ビビット」の前身番組「いっぷく!」などで活躍していた枡田絵理奈アナ(30)は、プロ野球・広島の堂林翔太(24)と14年暮れに入籍。昨年6月に退社している。

 さらに今年に入ると、局を去る女子アナが続出している。小林アナが3月、健康面を理由に退社。さらに久保田アナは米国で勤務する夫と同居するため、退社することを今春発表。残っている有給休暇を消化した後、正式に退社となる予定だ。

「今年、女子アナのプライベートな報道が出たのは林で5人目だからね。この異常事態で、上層部はピリピリしている」(同)

 林、笹川、佐藤の中堅、若手アナ3人の今後の動向は不明だが、すでに人材難の弊害は出ているという。

「物理的に女子アナの人手が足りない。番組の出演スケジュールを決める際、女子アナ1人に対し2つの番組収録のスケジュールを組んでしまうダブルブッキングのミスが発生している。事前に気づいたからよかったものの局内で紛糾した。そのうえ女子アナ1人あたりの労働・拘束時間は1日12時間超もザラで、他局に比べて長い」(別のTBS社員)

 こうした状況だけに、TBS上層部が危機感を抱くのも当然だろう。例年は女子アナを2人採用しているが、今年は2005年以来、11年ぶりとなる3人の女子アナを採用した。

「とはいっても新人だからね。すぐに戦力にはならない」と同社員は渋い表情を浮かべる。

 局内では「あさチャン!」を担当している“巨乳アナドル”こと宇垣美里(25)、「NEWS23」でサブキャスターを務める正統派の皆川玲奈(24)両アナに期待が集まっているようだが、さらに退社する女子アナが出てこないとは言い切れない。“人材難”はますます加速しそうだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。